Chá Mate: マテ茶

Chá Mate: マテ茶
Chá Mate: マテ茶

マテ茶は主に南米大陸南東部地区(アルゼンチン、ブラジル、パラグアイ)で生産されている飲料で、モチノキ科の潅木(かんぼく)の葉や枝を乾燥し、粉砕、 精製したものに熱湯を加えて飲用します。パラグアイのグァラニ族が、活力を与える不思議な木として飲用を始めたことが起源とされていて、ミネラル、特に鉄 分とカルシウムの含有量が高く、ビタミンはAとBを多く含んでいます。葉緑素も豊富に含むことから、通称「飲むサラダ」と言われています。(「日本マテ茶協会」HPより抜粋)

 

ほうじ茶やウーロン茶などに似た味でとても飲みやすいお茶です。是非お試しください。